定期テスト対策特訓

定期テスト前は、カリキュラムを変更して

各中学別に、全教科のテスト対策を

集中学習していきます

 

test100.png

高校入試では通知表が悪いと志望校に受験すらさせてもら

えません。そのため通知表対策が絶対に必要となります。

当塾の高い志望校合格率のもととなる重要な授業です。

 

通知表は3つ要素で決まります

@年5回の定期テストで良い点をとる。

A出された課題を期日までに確実に提出する。

B中学の授業を私語なく、まじめに受ける。

です。


当塾では、@とAを確実にするため

定期テストの前には、中学ごとのテスト範囲に合わせて

集中対策を実施しています。


進め方は、事前に知らされるテスト範囲を詳細に調べ、

出題予想を作成して早期より塾生に伝達、そしてその内容を

重点的に準備演習していきます。また、学校より指示のあった

提出課題の完成と確実な提出も個別に管理していきます。

特訓は、通常授業より時間数を増やして集中的に行います。

 

テスト終了後もやるべきことがあります

1 得点の集計

自分の得点を塾まで正確に報告してもらいます。

分析のために答案を持ってきてもらう場合もあります。

2 成績表の記入

各自、得点はすべて当塾の」個人成績表」に転記してもら

います。開校以来15年分の記録があり、それと比較して

正確な進路指導を行ないます。


3 しっかりとやり直し

成績が予想より悪かった人は「やり直し補習」に呼ばれます。

そこで、悪かった原因を見つけ、次のテストで克服しようとする

「やる気」を引き出していきます。


4 保護者様との面談の実施

面談が必要な保護者に対し、個別に塾長が面談をさせてい

だきます。お子様の現状、今後の指導方法、ご家庭での

対応等につきお話させていただきます。

▲このページのトップに戻る