教室は感染症対策仕様です

感染防止仕様の教室とは?

当塾の教室は、密室には絶対にならない、吹き抜けです。

非常に通気性が高く、常に換気をしている状態となります。


その理由は、教室の壁が全て天井まで達していないことです。

このため、全面の窓を開け、同時に強制空調を稼働させると、

ほとんど屋外と同じくらい風が抜けていき、非常に快適です。

また入り口も、常時通気ができる特殊なドアを使用しています。


クリックで拡大

CIMG2563.JPG CIMG2566.JPG

CIMG2569.JPG CIMG2562.JPG


これは20年前の開校時に、入試前にインフルエンザなどに

塾生が感染しないよう、若井の教え子の医学部生からのアド

バイスで、一流の大工さんに無理を言って施工していただいた

ものです。

 

開校以来、学校が感染症のため学年、学級閉鎖となっていても、

塾内で感染した例はありません。


[追記]

コロナ感染症が拡散して2年半経ちますが、やはり塾内での

感染者はゼロです(令和4年8月現在)。

▲このページのトップに戻る