入試結果で一番大切なこと

高校入試は合格者数より、合格率が大切です!


大手塾の大量のチラシには、

膳所高校○○名合格!石山高校○○名合格!

と大々的に書かれています。一見すごい実績に見えます。

たしかにその通りなのですが、しかし、これだけでは同じ入試

で不合格になった人数は全く分かりません。

多くの合格者の陰には多くの不合格者の涙があるのです。

合格者数を自慢げに競うのは、本当に正しいことなのでしょうか?

当塾は、不合格となった塾生の気持ちを忘れず、お預かりした

お子様が全員志望校に合格していただくことを、最も大切なこと

と考え、日々指導しております。

合格は「生徒」の努力、不合格は「塾」の実力


過去5年間の入試結果(3回受験者全員合格を達成)

膳所高校   10名受験  9名合格 (合格率90%) 

石山高校   22名受験 20名合格 (合格率91%)

東大津高校  10名受験  9名合格 (合格率90%)

大津高校   20名受験 18名合格 (合格率90%)

大津商業   13名受験 12名合格 (合格率92%)

守山・草津東  6名受験  6名合格 (合格率100%)

▲このページのトップに戻る